どんどこ地道

本気の絵描きなイラストレーター照屋恵のブログ兼お知らせ帳ですよ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
現代童画展、開催しております
現代童画展、始まっております!!
昨日と今日の二日間、会場におりました。他の絵画展と雰囲気の異なる、すばらしい空間になっております。是非、ご高覧ください!! 15日までです!
今日知ったのですが、現代童画展は撮影自由なのだそうです。どなたもお好きな絵を写真におさめてお持ち帰りいただけます。
そうゆう事ですので、私が臆病風に吹かれて隠していた件の作品をこちらにも載せます。
この絵をこのまま大きくするように言われまくりました。制作に当てる時間を確保するのに困難を要しますが、それは誰でも何かに取り組もうとすれば同じ事ですね。今から始めれば来年のこの時期には確実に間に合いますし。やればいいんです。
先生方から温かく励まされ、やる気になっております。力を注ぎます。心身共に回復した私は、逃れられない日々の役目を果たすと同時に、内なるパワーを拡大し表現し続ける以外に脳がありません。ジャンルやカテゴリーにこだわらず、手段を選ばず枠を越えて、表現することを続けてまいります!!!



ストーリーを少し。
暗い水底に沈んでも、そこで光るものを見つけられるよ! 命の玉を掴んで昇天する龍のように、転んでもただでは起きず、宝を得てより強くなって復活しよう! 空には暗雲立ちこめて雷光がひしめいているかもしれないけど、それもなかなかきれいだから、楽しんじゃおうよ! 雲が切れた向こうには、いつでも星が輝いているよ! 闇にいてこそ見える光が満ちあふれているから、闇に落ちたときこそ宝を探り当てて、自分のものにしよう!!!
私はね、便所に落ちたらば、ダイヤの指輪や万券の詰まった財布を掴んで出てくる!!!!! しかも、笑顔で!!!!! 糞尿にまみれてお宝ゲットして笑顔!!!!! 私は、そうゆうやつなんだよ!!!!!!!

という思いで描いたのでした。満足に描けなかったし、そもそも小さすぎるし、この絵を大きくして描き直します。下絵を出してしまったようなものですね。申し訳ない。お仲間入りさせていただくばかりではなく、会に社会に世界に貢献できるものを仕上げていきたいです。目の色どんどん黒い、目標上がる上がる、臆病風は吹き飛ばす!!!!!!!
歩みの遅い私をどうか見守っていてください<(_ _)>

               照屋恵


第40回 現代童画展
会場: 東京都美術館
日時: 2014年11月8日(土)〜15日(土)
AM9:30~PM5:30 PM5:00まで入場
最終日はPM1:30まで入場、PM2:30閉場
展示室: 1階 第1展示室
1階 第2展示室
1階 第3展示室
チケット: 一般 700円(500円)
大・高・中学生 300円(100円)
※( )内は団体料金(10名以上)
| 照屋 恵 | お知らせ | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第40回 現代童画展のお知らせ
第40回 現代童画展に入選しておりますので、お知らせいたします。
家事育児、夫の経営する会社の仕事、息子が通う小学校のPTAの仕事、その他細かいいろいろをこなしつつ、この後の活動を考えながら過ごしておりました。制作のためにたくさんの時間をつくることはできなかったのですが、先送りせずに、何でもいいから手を付けたい気持ちになり、一枚の小さな絵を描きました。暗い年月を過ごして明けてみて、表現したいものがあったので、描きました。
存分な時間をかけられず、サイズを下げるという策を講じたのに満足に描けず、できあがったものにも迷いが残り、落選を覚悟して出品したのですが、
懐の大きい現代童画会が、寛大にも私の純粋な心の仕事を受け入れてくださり、皆様に向けて発表できる運びとなりました。
選に入れていただけたことは、重く受け止めております。作品を発表できる機会を与えていただけたことに、心より感謝いたしております。しかし、今回の作品を人様の目に触れさせることに、大変な迷いと恐怖があります。選んで頂いておいて、言うべきではありませんが、あまりにも、自身で評価できる達成度が未熟すぎるのです。
そんな複雑な思いでおりますが、四の五の言わずに(言ってますけど)お知らせいたします。
どのような仕事も、恐れがあるにも関わらず取り組み、恐れがあるにも関わらず発表するものなのだと悟りました。この恐怖を乗り越えていかなければ、取り組むことも、仕上げることも、発表することもできないのです。恐怖の向こうに道はあると思います。
先へ進みたい私は、大変な恐怖と不甲斐なさと裏腹に、発表するに漕ぎ着けた作品の在り処をお知らせいたします。
きっと、私の作品は、目立たないところにひっそりと置かれているのだと思います。どうか私には期待なさらず、気にもなさらず、お越しになる方は、他の方々のすてきな作品の数々をご覧ください。それで、もし、私の一枚をちらりとご覧になって、なにか感じていただけたら幸いです。
純粋に、心から表現したいことを描いたのは本当です。そこを評価して頂けたのなら、もはや絵でなくてもいいのでは、とか考え出したり、頭の中パニックですが。これも一つの大きなきっかけとして、浮上を目指してあきらめずに、手腕を動かしてまいります。見守っていてください。
多忙な時期を過ごしており、あまり会場へは足を運べない雲行きなのですが、ご連絡可能な方は、お越しの際、ご一報くだされば、都合つくように工夫するつもりです。引きこもり主婦をやめたとたんに人恋しくて仕方がないのです。
最後に、毎年出せないダメ絵描きを三度も受け止めてくださった現代童画会に、この場で何ですが、厚く御礼申し上げます。

                    照屋 恵


第40回 現代童画展
 
会場: 東京都美術館 HP
日時: 2014年11月8日(土)〜15日(土)
AM9:30~PM5:30 PM5:00まで入場
最終日はPM1:30まで入場、PM2:30閉場
展示室: 1階 第1展示室
1階 第2展示室
1階 第3展示室
チケット: 一般 700円(500円)
大・高・中学生 300円(100円)
※( )内は団体料金(10名以上)
 

 




 
| 照屋 恵 | お知らせ | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
業務用FAXを導入しました!
業務用FAXを導入しました!

A3で受信できます!

今までご不便をおかけしました!

今後ともよろしくお願いいたします!!!




照屋 恵
| 照屋 恵 | お知らせ | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第37回現代童画展のご案内
二年前に初出品で初入選した現代童画展に、一年お休みして、2度目の出品、入選が叶いました!

作品は一点で、こちらの作品です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 mi・te・ru・yo!

私と息子の間には、物陰からそっとバレないように相手の様子を伺い、存分に盗み見たら、「みてるよ!」と声をかけてビックリ&恥ずかしい思いをさせる、という遊びがあります。この遊びは、息子が何歳だったか、うんと小さいころに始まりました。
その息子が、少し前に突然、母もいつか死ぬであろうことに気付き、泣きました。
私は言いました。

お母さん、死んだら神様のところに行って、光を運ぶお仕事するの。キラキラしてたら気づいてね。お母さん、「見てるよ!」て言ってるから!

そんなお話。

実際、光が注ぐかのように、ありとあらゆるところに愛が散りばめられているように感じるのです。そのことを、大きい声で叫びたくなる時があるけれど、言えもせむ。だって、言えもせむ。だから、絵に描きました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



今回、発表できる場に加えて頂くことができて、本当にうれしいです。

いろんな思いを込めて描いたので、
みなさまにはぜひ、実物をご覧いただきたく、

現代童画展へのご来訪を心よりお願い申しあげます。


○ 2011年11月10日(木)〜11月16日(水)
○10:00〜17:00(最終日13:00まで入場可能、14:00閉館)
○上野の森美術館(上野公園内)
○一般700円
○大、高、専門学生500円
○中学生300円
○小学生以下無料




ああ、それと、今年から、一般入選者も画集に載せてくださるそうで、これもうれしい!!!


最後に、現代童画会のみなさま方には、私にも光を当ててくださり、厚く御礼申し上げます。
心で紡ぐアートを追求し続けます!!!
 




 
| 照屋 恵 | お知らせ | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
[お知らせ] 平日フル稼働になりました!
本日より、平日5日、日中お勤めの方と同程度の時間を業務及び制作に充てられるよう、生活を整えました。いろいろあったのですが、その中でも特に、皆様にご心配とご迷惑をおかけした部分が一端の発展を見せ、やっと安心して両足で踏み出せるに至った次第です。その節お世話になった方々には、心より感謝いたしております。

これまで、かなり受け身のやり方でこなして参りましたが、今後は積極的に取り組んで参ります。

私の絵仕事がお役に立てる案件がございましたら、是非、お任せいただきたく存じます。また、根源的な自己を表現することにも、怠らずに取り組んで参りますので、発表する機会が得られたときには、お目に止めていただければ至福の喜びです。

今後とも、よろしくお願い申しあげます!!!




平成23年9月1日 照屋 恵
| 照屋 恵 | お知らせ | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ